すそわきが

すそわきがって何?診断と電気業この治療方法・問題点

すそわきがって何だ?
すそわきがって何だ?

 

すそわきがとは、ぶっちゃけた話が陰部のわきがです。陰部、つまりおシモからまきがと同じ臭いが出てしまうことをすそわきがと言います。
あまり聞きなれない言葉「すそわきが」ですが、陰部の臭いが気になると悩んでいる人が多くいらっしゃるようです。

 

すそわきがのメカニズムを解説します。

 

すそわきがは陰部からわきが臭がするという症状ですが、すそわきがについても腋の下の「腋臭症」と全く同じアポクリン腺が原因です。
今でこそ嫌われる原因以外の何者でもないわきがですが、太古の昔では人のアポクリン腺はからだ全体にたくさん分布していたのです。
動物と同じように、人類の始祖にとっても体臭は生きていく上で重要な役割を持っていたからと考えられますが、そう考えると昔の人間はわきがだらけだったのかと想像するだけでちょっとなえてしまうのは私だけでしょうか?(笑)

 

そんなアポクリン腺ですが、現在では人間にとって「ニオイの役割」が喪失したためほとんど退化しつつあるのです。

 

アポクリン腺が多く活発なわきがの人も、生まれた時代が悪かっただけで、古代ではさぞモテたことでしょう。
ただ、昔の名残としてアポクリン腺が一部はまだ残存する部位があり、その大部分が腋の下なのです。

 

参考までにアポクリン腺が存在する場所を書くと、腋の下以外では、耳の中、乳輪周囲、臍周囲、そして陰部の周囲にアポクリン腺は残存しています。
しかし実際には、日本人の場合腋以外の場所にアポクリン腺が存在することは稀ですし、存在したとしても退化してしまい瘢痕程度のものなのです。
すそわきがかも知れないとお悩みの方はよく覚えておいていただきたいのですが、すそわきがの原因となるアポクリン腺の大きさは通常のわきがのアポクリン腺よりもずっと小さいのです。

 

したがって普通は腋以外の場所から強い臭いを発するということはないのですが、ごく稀には陰部周囲にかぎっては他人が感じることの出来る程度の臭いをだすことがあり、これを俗称ですが「すそわきが」と呼んでいるのです。
万一すそわきがであるとしても、その臭いは腋の下のわきがよりはずっと弱いものであるということをまずは認識してください。

 

わきの臭い、裾ワキガのにおいに有効なデオドラント商品でクリアネオがあります。

 

クリアネオの詳細は他のサイトで紹介されています。
>>クリアネオの口コミはこちら

 

すそわきがの診断法

すそわきがの診断法

 

すそわきがには確たる診断方法がないということは過去に解説しました。

 

ご覧になっていない方のためにわきがの診断方法についておさらいしましょう。

 

腋の下のわきがを診断する場合には、アポクリン腺がイクラの粒のように明確に存在するため 「試験切開」という検査で、わきがであるか、わきがならどの程度の強さなのか、ということをわきが治療手術前に知ることができ、またその事実を患者さんに教えてあげることもできます。

 

しかし、陰部のアポクリン腺は瘢痕化しているため検査で確認することができません。
つまり、すそわきが治療は、本当にすそわきがであるという前提での治療が不可能ということです。

 

実際に美容整形クリニックに「すそわきがの治療をしてください」と言って来院する人の約半数は「自己臭」の人か、股間部のエクリン腺の臭いを気にしている人か、膣の内部の臭いを気にしている人か、小陰唇にある皮脂腺の独立腺(毛の無いところに在る皮脂腺)からの臭いを気にしている人ということです。
実際にすそわきがである人というのはそんなに多く存在するものではないのです。

 

ですので、これらすそわきがだと思い込んでいるだけの人に電気凝固法によるすそわきが治療を施しても当然効果はありませんよね。

 

しかし、最初の1回の「すそわきが治療」は全く意味がないわけではないのです。

 

なぜなら最初のすそわきが治療の効果測定をすることによって、結果的にその人がすそわきがかどうかの診断が可能になるからです。

 

もし、陰部にアポクリン腺があるなら凝固されることによってアポクリン腺の機能が低下して、必ずある程度はすそわきが臭が減少するはずです。

 

本人がその減少を認識できるなら、すそわきがであるということですから、さらに2〜3回のすそわきが治療を行うことになります。

 

逆に1回の電気凝固で本人にとって臭いが全く変化しなかった場合には、それはあなたが感じていた臭いはセックスのパートナーを不快にするすそわきがの臭いではなく、多分普通のエクリン腺や皮脂腺の臭いだったということになります。

 

 

このように、すそわきが治療を試みることは、例え本当はすそわきがではなかったとしても、「思い込み」の呪縛から逃れられるという精神衛生上多大なメリットをもたらすことになります。

 

美容整形クリニックに一度足を運ぶだけでそれ以降の生活の指針がはっきりと定まるという事実を理解しましょう。
悩んでいる時間が損ですよ。

 

 

すそわきがの治療法

 

すそわきががどんなものであるか、すそわきががどの程度の臭いを放つものであるかはお分かりいただけたと思います。
それでは、すそわきがの治療はどのようにして行うのでしょうか?

 

通常のわきが治療であれば、「わきが治療」カテゴリでも説明したように切開してアポクリン腺を除去することによりわきが臭は解消することができます。
しかし、すそわきがは陰部のアポクリン腺が原因ですし、切開治療は難しそうな印象があります。
すそわきがはどのように治療するのでしょうか?

 

 

結論から述べれば、すそわきがの治療は非常に簡単です。

 

なぜなら陰部のアポクリン腺は、腋のアポクリン腺のように活動的なものではありませんので、手術で全部摘出しなくても「電気凝固法」という方法で簡単にたんぱく凝固をおこして臭いを出さなくなるからです。

 

わきが治療を行っている美容整形クリニックであればすそわきがも治療してくれますので、陰部の臭いでお悩みの方は相談してみてはいかがでしょうか?
すそわきがであれば治療はあっけないほど簡単に終わります。

 

美容整形クリニックはネット上で調べれば星の数ほどありますので、参考に調べてみましょう。
具体的な治療法やその美容整形クリニックでわきが治療をした人の体験談、わきが治療のモニター募集などもネット上でしたいる美容整形クリニックもあります。

 

 

しかし、すそわきが治療には問題もあります。

 

それは陰部の臭いで悩んでいる人が本当にすそわきがであるかという「診断」です。
腋の下のわきがの場合、アポクリン腺はイクラの卵のように大きく肉眼でハッキリと確認できるので「試験切開」という検査でわきがであるかどうかは簡単に診断が可能です。

 

しかし、すその場合には瘢痕化して肉眼で確認できないためそのような診断が不可能なのです。

 

すそわきがは診断さえできてしまえば治療は容易です。
もし、すそわきがかもしれないと不安を感じているようなら、美容整形外科の診断を受けてみましょう。
もしかしたらあなたのすそわきがは、心理的、あるいは婦人科領域の原因をすそわきがと思い込んでしまっているだけということも充分に考えられます。

 

 

 

電気凝固すそわきが治療法の効果

 

すそわきがには確たる診断方法が存在しないということは過去記事で述べたとおりです。
このページでは、すそわきが治療で用いられる「電気凝固法」について詳細を解説します。

 

 

「電気凝固法」の効果は、さまざまです。
効果の判定は、実際に美容整形クリニックですそわきがやわきが治療を何回か受けた患者さんに対するアンケート調査をするしかありませんが、あるクリニックでのアンケート結果を参考にしたところでは、「わきが体質の程度」と「悩みの程度」と「要求水準の高さ」によって電気凝固法の効果は異なります。

 

わきがの悩みがさほどでなく、軽度のわきが体質で、臭いの減少を「ある程度でもよい」と比較的低めに設定している人には、電気凝固法でかなりの満足感を得ているようです。

 

しかし、逆に重度のわきが体質の方や悩みの程度が強い方や臭いを完全に取り除きたいという方は、残念ながら十分な満足を得ることはできません。
また、同時に多汗症で悩まれている人にも、制汗効果は全くありませんので対象外です。

 

それから上記症状の中間程度の人に対して行う治療ですが、この場合はもう個人の考え方というよりありません。
例えば、自分は手術そのものが怖いから切開を伴うわきが治療はできないという人、わきが治療によって傷が少しでも残ると困る人、完全にわきが臭が無くならなくても、人に強く迷惑をかけないようなら満足する人などには、わきが治療の「ファーストチョイス」として電気凝固法が用いられることが多いようです。

 

ファーストチョイスとは、とりあえず電気凝固法でわきが治療をしてみて、満足いけばよいし、満足いかないなら将来別のわきが手術療法に切り替えるという二段構えのわきが治療法です。

 

 

このように、電気凝固法は普通のわきが治療としては効果が穏やかなものです。
しかし、すそわきがの原因となる陰部のアポクリン腺は、肉眼では確認できないほど小さなものですので、切開による除去はできません。電気凝固法による治療で充分な効果を得ることができるのです。

 

わきがの治療は、治療をなにもしないことや、デオドラント剤のみで対応する、といった選択を含めて最終的には本人の意思が尊重されるべきものです。
美容整形クリニックでは、わきが治療の長所と欠点を含めてあらるる可能性を提示することが役目です。

 

 

逆に言えば、患者さんは出来るだけ医師から正しいわきが治療の情報(マイナスの情報も含め)を引き出す努力が必要になってくるのです。

 

 

すそわきが治療の問題点

 

すそわきがは、別記事でも解説しましたがそもそも臭いの元であるアポクリン腺そのものの活動が活発ではないため、強い臭いが出るわけではありません。
すそわきが治療の問題は、物理的な臭いとは別に存在しているのです。

 

すそわきが治療を行う上での問題として、「自分はすそわきがではないか」と悩んでいる人の半数近くは本来臭いの原因がないにもかかわらず、対人的に悩んでしまう「自己臭」に属する人であるということが挙げられます。

 

すそわきがは、性交渉の後に臭いがきつくなる、または相手から陰部の臭いを指摘されたという悩みが最も多く寄せられます。

 

実際性交渉とわきが臭とは無関係ではありません。人のアポクリン腺の発生過程が臭いで異性を惹きつける役目があったことを考えれば当然なことです。

 

アポクリン腺の活動は性的な興奮によって活発になり、より強い臭いをを出すようになります。
性的な興奮は主に交感神経の活動やアドレナリンの分泌を高め、これらはアポクリン腺を刺激するは働きがあるからです。
その結果、わきが臭が強く出ます。

 

実際にすそわきがの人であればこれが当たり前のことですので治療が必要なのですが、性交渉に対してなにかのマイナスの感情をもたれている人は、性交渉を契機に意識がことさら性器に向かうことによって臭いという形で自己防衛することもあります。
つまりすそわきがという理由を作ることにより性交渉を避ける口実を得るわけですね。

 

ですから、陰部の臭いが気になるようであるならまず、本当に体から臭いが出ているすそわきがなのか、それとも性交渉の相手との関係において臭いを気にしてしまうのかをはっきりとしなければなりません。

 

 

性交渉とわきが臭との関係では、以上の他にも婦人科系のホルモンとの関係や最近は性行為感染症との関係もあります。

 

美容整形クリニックですそわきがではないと診断されるようなことがあれば、そこから先は婦人科の専門的診断をうけることをおすすめします。